ユニクロ、3月の売り上げ減

デフレ不況下で破竹の進撃をして一人勝ちだったユニクロが、3月は売り上げ減少だったそうだ。


一方、ユニクロにシェアを奪われて売り上げサゲまくりだった百貨店は、下げ幅が縮小したらしい。


ここのところユニクロは新店舗を増やしているし、百貨店も売れてなさそうに見えるが、数字の上ではそういう流れの変化があったんですなぁ。


元が切り上げになると、中国での生産が非常に多いユニクロは、コスト的に苦しくなるので、いずれ失速するだろうとは言われている。


今の時代に中国せ生産していない企業はアホだクズだと言われていたが、やはり中国はカントリーリスクが高い国だ。


アイスランドの噴火で、ヨーロッパからの客足は止まるので、上海万博は苦しくなるだろう。


噴火は農業にも影響するので、食料高騰も中国には悪材料になる。
なにせ今年の中国は大旱魃、大寒波で、農業や家畜に大きな被害が出ているので。


これで、中国にコメを輸出している東南アジアの農業国で、2008年みたな巨大サイクロン被害が起ったりしたら、中国は完全アウトだろう。


先々どうなるんだろうねぇ、まったく難しい。